2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.05.06 (Mon)

増資と融資とサムティと

どうも。ゴールデンウィークも最終日となり、今更ながら充実した休日にしようと、悪あがきに励んでおります犬次郎です。

ゴールデンウィークに入る直前の5月2日。今や不動産銘柄上昇の流れにのり、犬次郎PFの中で2番目にかわいい銘柄に躍り出た


「3244サムティ」


が、増資を発表しました。

「ゲッ!やっちまったな!犬次郎!!」と、増資と聞くとどうもネガティブなイメージが先行してしまいますが、本当にそうなんでしょうか??


〇そもそも増資とは?〇
増資とは、企業が事業を行っていく上で必要な「資金」を、株式を新たに発行することで調達する「手段」の一つですね。
企業が事業を行っていく上では、何よりもお金が必要です。基本的な事業の流れとして、

資産を買う→資産が収益をもたらす→収益から得たお金で資産を買う→エンドレス・・・

なのですから、収益をもたらしてくれる資産を購入するには資金が必要なんですね。


〇なぜサムティは増資をするのか?〇
ここが一番大事なとこですよね。ほんと大事ですよね。「Why?なぜ?何のためにするの?」
犬次郎は巷で「5W1H」なるものがよく言われますが、その中でも「Why」が一番大事だと思っています。だって、「Whyの、何でするのか?」が変われば、他の「4W1H」もまた意味が変わってきますもんね。まぁ、この話はまた今度するとして、なぜサムティが増資をするのか?IR資料によると、

「今般の資金調達は、当社グループの成長の柱である不動産事業における物件の仕入の強化を目的としております。不動産市況が回復基調にある現在の外部環境は、将来収益の源泉となる仕入を強化する好機であると判断しております。本件資金調達により、当社グループの強みである不動産賃貸事業による経営の安定性を維持しつつ、不動産事業の成長によって利益の拡大を図り、企業価値の持続的向上を目指してまいります。」

とあります。このIRを100%信用するならば、不動産市況の回復が見られる中で、また消費増税が迫り不動産の駆け込み需要がありそうな中で、今のうちにガンガン不動産を買っとくよ!そんで将来めっちゃ収益上げるよ!とのことでしょう。しかも、

「今回の一般募集及び本件第三者割当増資による手取概算額合計上限2,533,424,500 円について、全額を平成25 年11 月期末までに将来収益の源泉となる不動産物件の取得資金に充当する予定であります。具体的には、不動産事業における一棟収益用不動産並びに賃貸マンション「S-RESIDENCE」シリーズ及び投資用マンションの企画開発を行うための事業用地を中心に取得するものであります。」

とあり、また、

「今般の調達資金を、不動産物件の取得資金として活用することで、将来の事業収益の増大に寄与するものと判断しております。」

とあります。


購入時期も購入使途も結構具体的で、好感が持てますね!


しかも、今期の業績予想に織り込んではいないと考えられるので、購入時期によっては、今後の上方修正も期待できますね!


こうやって、「なぜ?」を見ていくことで、一見ネガティブなイメージのつきがちな増資も、安心感と期待感に代わるのです。仮に、これを見ないことで

「運営資金が足りません!赤字なんで銀行もお金貸してくれません!だから増資!」

という増資の目的だった場合、このとんでもないピンチも見ないことになるのですから恐ろしいですよね。。。
(ちなみにサムティは直近のCF計算書を見ても大丈夫そうなので安心ですね!)

とは言え、前向きな増資により収益拡大も期待できる。なのに増資がやっぱり毛嫌いされるわけは何なんでしょう?


〇増資による株式価値の希薄化〇
増資とは発行済株式の数が増える。=一人当たりの株式価値が希薄化する。つまり、100の価値のものを100人で持ってたのに、200人で持つようになったから、一人当たりの価値が半分になったよー。というものです。そりゃ、勝手に自分の株式の価値が下がったら嫌ですよね。「価値が下がる=株価も下がる」ってことですもんねぇ。
今回のサムティの増資により、どれほど価値が希薄化するのでしょうか。
(単純に普通株式のみで計算)

・現在の発行済株式数  169,319株
・増資後の発行済株式数 188,819株
・増資後の増加率=188,819株÷169,319株=1.1151・・・



よって、


約11.5%の希薄化


となるわけですね。確かにパッと聞いただけでは、ネガティブな感じですね。
(あえてデメリットっぽく書いてますが、今後の業績拡大が希薄化を上回るほどの利益を稼ぎ出すならば、全く希薄化にはなりません。ただ未来よりも先に起こる事実の方に目が行きがちなのです)

では、なぜわざわざ株式価値を下げるような真似をするのか?同じ資金調達でも銀行から借り入れる「融資」でも良かったんじゃないか?


〇融資か増資か〇
銀行からお金を借り入れる「融資」か、株主に株式を発行する「増資」か、資金を調達するという目的ではどちらも同じです。また、「融資」の場合は利息の支払が発生しますが、「増資」の場合も、配当を行っているのであれば条件は同じと言えます。では何が違うか。「融資」と「増資」で決定的に違うこと。それは、


増資はお金を返さなくてもいい


ことです。これはでかいですね。貰いっぱなし。そんな夢のようなことあるんですか!って感じですね。

しかも、昨今の株価上昇局面。株価の高さにより調達資金も変動しますので、より多くの資金を調達できるでしょう。経営者から言えば、


「これからまた大きく成長するためには、大きなお金が必要なんだ!株式の希薄化?バカ野郎!何のために高い上場維持コストを払って上場してきたんだ!株価上昇させてきたんだ!じゃぁ、このチャンスにいつ資金調達するの?」


「今でしょ!」


ってなもんですよ。
(↑「今でしょ」って言いたかっただけやないかーい!)

犬次郎的には、この増資は適切なタイミングで、適切な手段を選択されたんだなぁ。と考えております。


・・
・・・
なんて、長々と書いてきてまいりましたが、この増資、中長期的には明らかにプラスではあります。しかし、不動産銘柄が暴騰している中、そんな悠長に待ってられない短期参戦者が大多数を占めておりますので、日経平均好調な流れとはいえ、来週以降はやや下がると思います。
もし、ほんとに下がって、しかも、結構な感じで下がってくれたならば、


「ごちそういただきます!」とばかりに犬次郎は買い増し


させていただきますよ!そうですよ!犬まっしぐらですよ!!

ていうか、ここまで書いてきてなんなんですが、


たまにこんな真面目な文章書くとほんと疲れますよね!(爆)


※なお、上記考察は勉強不足丸出しな犬次郎の単なる私見であります。誤り等ございましたらご指摘いただければ幸いです。また、投資は自己責任ですよ!


~本日の犬次郎(ってか、明日想定される犬次郎)~
GW開け
幸せって何だ!
関連記事


にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ブログランキング・にほんブログ村へ
頭と尻尾はくれてやれ。 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

19:45  |  できごと(ちょっと真面目な記事)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kabuinujiro.blog.fc2.com/tb.php/23-068c2d91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ