2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.04.26 (Sat)

数年後のお前など・・・無価値だ!~冷たい会計の話~

どうも。久々のちゃんとした休日、気が付けば18時間程爆睡してしまっておりました眠れる森の犬こと犬次郎です。

さて、3月決算企業の


決算発表


が来週にも本格化していく今日この頃ですが、

そんな企業から出される決算数値を分析する際に


役に立つ


会計の話。

・・・ができたら良かったのですが、犬次郎は残念ながら一介の犬畜生ですよ!

そんな頭のいい話はできませんよ!

それはもっと他の頭のいい人たちにお任せしますよ!勉強させてもらいますよ!

なので、犬次郎の如きクソ犬野郎がお話できるのは、


「会計の世界って、なんて冷たいんだ!」


と、犬次郎が日々感じている戯言だけですよ!戯れごとですよ!


会計の世界が、その会計数値の作成者にとても冷たいのは、先日の記事でも書いたとおりですよ!
(参考:「決算発表は待ち遠しいけど、その裏で流される血もあるんだよ。」)

歯を食いしばり、流す涙も枯れ、血反吐を吐くような思いをしないと完成しない書類がこの世にあるもんなんですね!

その作成担当者が流す血と涙とは裏腹に、会計の世界は


ほんと血も涙もない世界ですよね!


さて、そんな冷たい会計の世界の扉を少しだけ開いてみましょう。少しだけですよ!

決して「開けゴマ!」だなんて言ってはダメですよ!

もうゴゴゴゴゴゴ!!!とばかりに扉が開いて、全身会計ブリザードになってしまいますよ!

ホント冷たいんですからね!桐灰はるだなんて言ってても無駄なんですからね!

いきなり全身に会計冷気を浴びてしまうだなんて、ちびっ子やおじいちゃんでなくともかなり危険なことなんですからね!

プールに入る前には少しずつ体を水に慣らしていきましょう。っていう小学生の頃に習った基本的なことを忘れてはいけないんですからね!


〇減価償却費〇


皆様は「減価償却費」というものをご存知でしょうか?

よく四季報やらアナリスト分析等を見てると、

「償却負担増こなし営業益増」

とか、

「減価償却負担重い」

とか書かれてるアレですね!

これは例えば、企業が大きな1億円もする機械を買ったとしますよ!

1億円のお金を払って、実際に機械を手に入れたわけですから、その期間に

1億円の費用を出した。=使い切った。

ことにできるかというと、そうではないんですね!

そんな1億円もする機械は、

「1年で使い切れるわけないでしょう。

使っていくうちに長い年月をかけてどんどんボロくなっていくものでしょう。

なので、どんどんボロくなって使えなくなるであろう期間をかけて、

少しずつ費用にしましょう。=価値を無くしていきましょう。」


という考えに基づいて処理されるわけなんですね!

それが減価償却費なんですね!

なので、企業が設備投資をするのはいいことなのですが、


その後何年もかけて減価償却費という費用が出続ける


んですね!そうなんですね!

その償却負担以上の収益を上げることができれば、少なくともその設備投資は成功ってことですよね!グッジョブですよね!

さて、前置きがほんと長くなりましたが、この減価償却費のどこが冷たいんだ?というお話ですが、

前述のとおり、大きな機械等を購入した場合、どんどんボロくなっていくであろう期間をかけて、その機械の価値を無くしていきます。

この、

「どんどんボロくなっていくであろう期間(耐用年数)」

というのは、ちゃんと法律で定められているんですね!

例えば、

食料品製造業用設備であれば「10年」

という風にですね!

そして、このボロくなっていくであろう期間は、



「動物」にも定められているんですね!!



って、



ひ、ひ、ひ、ひぇええええええええええ!!!!!(爆)



モノ扱いですよ!生きて動いて、ぬくもりを持った生物たちを、完全なるモノ扱いですよ!

「固定資産」だなんて、体温のかけらも感じないような括りに押し込まれ、日々ボロくなっていっているであろうと考えられ、価値を削られていく。


ほんと会計の世界は冷酷ですよね!


その非情なる数値を具体的に見ていきますよ!

例えば牛さんですよ!

牛さんは、

乳牛なら4年、肉牛なら5年、農業使役用なら6年

で価値がなくなると思われてますよ!


モウ堪んないですよね!(爆)


馬さんの場合は、

競走用で4年、繁殖用で6~7年、その他使役用で8年

で価値がなくなると思われてますよ!


ウマくいかない世の中ですよね!(爆)


豚さんなんてもんは、

一律3年

で価値がなくなると思われてますよ!


そりゃブーブーも言いたくなりますよね!(爆)


そして、我らが(?)犬次郎。

こんな犬っころにも、どんどんボロくなっていく期間が定められてますよ!

犬は会計の世界では無情にも固定資産の中の


「器具備品」


という何のぬくもりも感じないカテゴリーに分類され、


8年


で価値がなくなると想定されてますよ!


Oh! ワンダフル!!(もはや意味不明(爆))


つまり、犬次郎が誰かのところに貰われていき、最初の頃はかわいがられ、チヤホヤされるんでしょうが、

その8年後には、犬次郎の存在は、


全くの無価値


ということなんですね!そうなんですね!(爆)
(いやいや、こんなオッサン犬、貰われに行く時点ですでに「中古資産」やないか。というさらに冷たい話は置いておきます)


しかし、我々にも自分自身の価値を向上させる、逆転のチャンスがありますよ!

それは、会計の世界で言うところの、


その資産の機能を向上させるような改修


を行った時ですね!

・・・って、え?

あれ?

つまり、我々生物は・・・


機械の体でも手に入れろと?(爆)


め、め、メーテルーーーーー!!!!


と、皆様も企業の決算短信等で、

「減価償却費」

を見かけた際は、この無情にも冷たい世界を少しでも思い出してください。

ということで、以上、


本当に役に立たない


会計のお話でした。


(減価償却費の話は税法の話やろが!会計と税法とゴッチャにするな!というマニアックかつ高度なツッコミをされても、犬次郎はアホなのでよくわかりませんよ!あしからず・・・。)


~本日の犬次郎~
999.jpg
ほんと何の旅だ!
関連記事


にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ブログランキング・にほんブログ村へ
頭と尻尾はくれてやれ。 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー

23:59  |  戯言(徒然なるままにアホ記事)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

動物の耐用年数とか減価償却とか定められてるんですね~。
自分の耐用年数とか考えてみようかと思ったんですがなんか落ち込みそうなのでやめましたw
すしこ |  2014.04.28(月) 20:27 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

すしこさん

こんにちは!

耐用年数って、自分が「生きる期間」じゃなくて、「価値のある期間」ってところがミソですよね!

すでに償却しきって「無価値」になっても、それからも収益を生み続ける素晴らしい存在になったらいいんですよね!
(と自分に言い聞かせる。。。)
犬次郎 |  2014.04.29(火) 16:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kabuinujiro.blog.fc2.com/tb.php/186-4850270a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ